カナリアペイント(熊谷市)

自社一貫施工だから施工料金を低減

2018年設立の「カナリアペイント」は一生懸命を心掛け、お客さんと真心こめた真摯な姿勢で向き合い、持続的に地域貢献を行うことで、地域の皆さんに愛される企業であり続けたいと願っています。熊谷市を中心に埼玉県北部・群馬県・栃木県南部エリアに対応ができます。

おすすめの理由

多くの認定証・登録証を取得

高品質・安心の塗装を行うため、多数の認定証・登録証を取得しています。
・「ダイヤスーパーセランフレックス施工店」認定証取得:超耐候・超低汚染型変性無機塗料「ダイヤスーパーセランフレックス塗料」を取り扱えます。
・「水谷ペイント株式会社パートナー施工店」認定証取得:「ナノコンポジットW」などのハイブリッド塗料や環境に配慮したECO塗料が取り扱えます。
・「JIOリフォームかし保険」加入:第三者機関であるJIO(株式会社日本住宅保証検査機構)の保証を利用できるので、ダブルに安心ですね。

塗装の種類と耐久性について

使用する塗料により、価格や耐用年数が変わるので、お客さんの求める機能・目的などから最適なプランを提案できます。
・ウレタン塗装:耐用年数5~7年。最近は、外壁・屋根塗装にはほとんど使用されなくなりました。密着性がよく柔らかいので、木部・鉄部の塗装には最適です。
・シリコン塗装:耐用年数10~12年。外壁・屋根塗装に採用され、価格と機能のバランスが良く、コストパフォーマンスに優れています。
・ラジカル塗装:耐用年数12~15年。シリコンを上回る耐候性を持ち、価格もシリコン塗料と同程度です。発売しているメーカー・種類も少なく、今後が注目されている塗料です
・フッ素塗装:耐用年数15~18年。耐候性に非常に優れ、光沢があり、汚れが付着しにくい塗料です。高価ですが、メンテナンスの長期スパンを考慮すると、フッ素の方が安くなります。
・無機塗装:耐用年数20~24年。フッ素を超える耐候性があり、親水性にも優れているので汚れが付着しにくくなっています。また、無機物質を含んでいるので、燃えにくい性質となっています。

スレート屋根の雨漏り原因の一つは「縁切り不足」

スレート瓦(カラーベストやコロニアル)の塗り替え時に、屋根材の重ね目を塗料で埋めてしまうことがあります。本来、重なり合った部分には少しの隙間が必要で、雨水を下へ運び気性を良くする役割があります。隙間が埋まった状態では毛細管現象により屋根の地盤が腐りやすくなり、室内への雨漏りの原因となってしまいます。
・対策としての縁切り方法:上塗り塗料が乾燥し固まった後に、スレート瓦の隙間を金属ヘラやカッターで切り離す方法がありますが、手間と時間がかかり、コスト面の上昇に繋がります。1枚の屋根材に対して15㎝間隔で2個のタスペーサーを挿入する方法もあります。塗装した屋根を汚すこともなく、カッターによる縁切りよりも時間短縮につながり、人件費コストも抑えられます。